ドドスコblog

centos7 頻出コマンド 随時更新

ディレクト削除

# -fは強制削除。これをつかわないと延々と削除許可をする可能性があるので絶対つける。
# -rはディレクトリを削除する際につける。これをつけないと「ファイルではない」とエラーが出る。
#ディレクトリを消す際はこの二つを組み合わせて、-rfとする。
rm -rf [directory name]

ページスクロール

mac

shift + fn + ↑or↓

ディレクトリ一覧表示

#treeインストール
yum install tree

#カレントディレクトリより下全て表示
tree
#一階層下表示
tree -L 1
ls

ファイル検索

find / -name "hogehoge" -print

パスワード変更(ログインできるユーザーいる場合)

  • ログインできるユーザーがいない、rootのパスワードがわからない場合はこちらを確認。
#ログインしているユーザーのパスワード表示
passwd 

#ログインしているユーザー以外のパスワード変更
###ユーザーの一覧を表示してidを確認
cat /etc/passwd

passwd [ユーザーid]

cat /etc/passwd|sed -e 's/:.*//g'